画像 画像
命を賭して、戦う。
世界興収1130億円のメガヒット!
マッカーサー率いる国連軍と中国人民志願軍の激闘を描いた実話!
ツイ・ハーク『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』シリーズ チェン・カイコー『さらば、わが愛/覇王別姫』 ダンテ・ラム『オペレーション:レッド・シー』  監督作品
映画『1950 鋼の第7中隊』
9月30日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
2021年/中国/中国語・英語/175分/シネスコ/5.1ch/原題:长津湖/字幕翻訳:河合彩子/提供:ツイン、Hulu/配給:ツイン
劇場情報
Twitter
画像
画像
画像
画像
画像

Introduction

製作費270億円を超える
戦争スペクタクル巨編!

映画スタッフ1.2万人、エキストラ7万人、450社に及ぶVFXスタジオが参加するなど製作費270億円を掛け、壮大なスケールで描かれる戦争スペクタクル巨編『1950 鋼の第7中隊』。韓国と北朝鮮が朝鮮半島の主権をめぐり争った「朝鮮戦争」を題材に、アメリカ軍率いる国連軍と中国軍が直接戦った1950年の「長津湖の戦い」を描いた本作。中国人民志願軍が北朝鮮にわたり、極寒で過酷な環境のもと連合軍を攻め、戦況を逆転へと導いたターニングポイントとなった戦いだ。

本作はそのスケールの大きさから何度も挫折した企画だったが、満を持して中国映画界のレジェンドたちが一堂に会し、映画史上に類を見ないビッグプロジェクトを実現!中国歴代興収1位の1130億円を叩き出し、2021年世界興収2位を獲得したブロックバスター・ムービーを作り出した。

チェン・カイコー、
ツイ・ハーク、ダンテ・ラム
アジアの巨匠たちが作り上げた、
奇跡の映画!

戦闘描写を一新させた『プライベート・ライアン』や、『ブラックホーク・ダウン』級のカオスと膨大な戦闘ショット、『トップガン マーヴェリック』に匹敵するような空撮カメラワークまでも導入し、視覚スタイルを大幅にアップデートした本作。戦いをリアルに描きつつも、戦場で血を流す兵士たちや、作戦を動かす上官たちのメンタリティに迫り、観る者をさまざまなキャラクターに感情移入させていく。このスペクタクルとドラマの融合は、『さらば、わが愛/覇王別姫』のチェン・カイコー、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』のツイ・ハーク、『オペレーション:レッド・シー』のダンテ・ラムという、アジアを代表する巨匠3人が集結したことで作り出せた、まさに奇跡が生んだ映画だ!

Story

命を賭して、戦う。

国共内戦後まもなく帰郷した人民志願軍・第9兵団 第7中隊長の伍千里(ウー・ジン)は、兄の百里が戦死したことを両親に報告する。戦争による軍の手当で彼は、両親に家を建てることを約束した。しかし中国が朝鮮戦争に参戦し、彼の休暇は取り消される。弟の万里(イー・ヤンチェンシー)は一緒に行きたいと言うが、千里はそれを許さなかった。

おりしも1950年9月15日。朝鮮戦争に介入した米軍を中心とする国連軍が仁川に上陸。前後して米空軍は敵の全地域を絨毯爆撃し、その脅威は中朝国境付近にまで迫っていた。

千里が戻った第7中隊は、前線に無線機を届けるように指示を受けた。そこで兄を追って入隊した万里の姿を見つけ、彼は愕然とする。しかし万里の揺るがぬ意志を目の当たりにし、千里は彼に銃を渡すのだった。

だが彼らは列車での移動中に爆撃され、第7中隊は徒歩での移動を余儀なくされる。しかも隊は巡回中の米軍機と遭遇。兵士たちは遺体をよそおうも、機は容赦なく銃撃。万里と親しかった仲間がこの空爆で命を落とし、戦争の非情さを知るのだった。

第7中隊は前線で束の間の休息をとるが、ほどなく長津湖に帰還するよう命令がくだる。しかし氷点下での行軍は過酷で厳しく、物資不足が兵士たちを苦境へと陥れる。さらには米軍の探知機が総司令部の場所を確認し、戦闘機で基地を爆撃する。そんな中、司令室にある重要な地図を取りに向かった一人の兵士が、被弾して命を落とす。その人物は劉という偽名で従軍していた、毛岸英だった。

岸英を失った悲嘆に暮れる間もなく、米軍への総攻撃が決断され、体制を立て直した志願軍新司令部は各軍を配置させ、第7中隊もそれに従った。そして11月27日の夕刻、長津湖を陣地とする、米第31歩兵連隊の掃討作戦が開始された。

かくして、中国人民志願軍と米軍による「長津湖の戦い」の火蓋が切って落とされたのだ——。

画像
画像
画像
画像
画像
画像

Director

ツイ・ハーク
徐克
画像

1951年1月2日生まれ、中国広東省海豊県出身。香港映画界で最も影響力があり、もはや伝説的な人気を誇る監督、プロデューサーであるツイ・ハーク。1984年に制作会社『電影工作室』を設立し、香港映画の〈黄金時代〉の一端を担うエンターテイメント作品を多数監督、プロデュースしてきた。「男たちの挽歌」(86~89)、『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』(87~97)、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ』(91〜94)、『スウォーズマン』(90~93)、『アイアンモンキー』(93)「ブラックマスク」(96)などのシリーズで国際的にも影響を与えた。
2005年には第62回ヴェネチア国際映画祭オープニング作品として『セブンソード』(05)が招待され、翌06年には、リンゴ・ラム、ジョニー・トーと共作した話題作『強奪のトライアングル』が第60回カンヌ国際映画祭に正式出品された。2009年第67回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に出品された『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』(10)は、中国映画界を席巻。第30回香港電影金像奨監督賞をはじめ、中華圏の映画祭で数々の賞を受賞した。
2014年 に発表した『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』の中国での興行収入は880万人民元を記録。2017年 スティーブン・チョウとの一大プロジェクト『西遊記2 妖怪の逆襲』(17)は中国市場だけで合計16.5億元の興行収入を記録した。

Filmography

『王朝の陰謀 闇の四天王と黄金のドラゴン』(18) 『西遊記2 妖怪の逆襲』(17) 『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』(14) 『ライズ・オブ・シードラゴン 謎の鉄の爪』(13)『ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝』(11) 『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』(10) 『強奪のトライアングル』(07) 『セブンソード』(05) 『ブラックマスク2』(01) 『ツイ・ハークの霊戦英雄伝』(02) 『ドリフト』(00) 『ノック・オフ』(98) 『ダブルチーム』(97) 『恋する天使』(96) 『ブレード 刀』(95) 『金玉満堂 決戦!炎の料理人』(95) 『トワイライト・ランデヴー』(95) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナV 天地撃攘』(94) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナIV 天地覇王』(93) 『スウォーズマン 女神復活の章』(93) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇』(92) 『ツイン・ドラゴン』(92)『ハード・ブラッド』(92) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地争覇』(92) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』(92) 『豪門夜宴』(91) 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』(91) 『アゲイン/明日への誓い』(89) 『北京オペラブルース』(86) 『皇帝密使 (84) 『上海ブルース』(84) 『蜀山奇傅 天空の剣』(83)ほか

受賞歴

2017年 第11回アジア・フィルム・アワードにて生涯功労賞を受賞。
2015年 『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』で第30回金鶏奨最優秀監督賞を受賞。また同作で2016年に第16回華表奨、第35回香港電影金像奨、第10回香港電影監督会、第22回香港映画批評家協会で最優秀監督賞を受賞。
2013年 第16回上海国際映画祭にて華語電影傑出貢献賞を受賞。
2011年 『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』で第30回香港電影金像奨、第6回香港電影監督会の最優秀監督賞を受賞。
2000年 『ドリフト』で第57回ヴェネチア国際映画祭Future Film Festival Digital Award受賞。
1992年 『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ 天地黎明』で第11回香港電影金像奨最優秀監督賞を受賞。

チェン・カイコー
陳 凱歌
画像

1952年8月12日生まれ、中国北京出身。中国映画界を代表する映画監督。初監督作品『黄色い大地』(84)は〈第五世代〉を代表する傑作として地位を確立。映像美と壮大なストーリーテリングが認められた。欧米で旋風を巻き起こした『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』(93)は、アカデミー賞(R)2部門にノミネートされ、第46回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。2002年には初英語作品『キリング・ミー・ソフトリー』を発表し、2005年は『PROMISE 無極』で武術ファンタジーに初挑戦した。2006年、第28回モスクワ国際映画祭で生涯功労賞を授与された。
2008年には再び京劇の世界に戻り、半伝記『花の生涯~梅蘭芳~』を監督。次いで発表した『運命の子』(10)は批評家から絶賛され、興収的にも成功を収めた。

Filmography

『愛しの母国』(19) 『空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎』(17) 『捜索』(12) 『運命の子』(10)『花の生涯 梅蘭芳』(08) 『PROMISE 無極』(05) 『北京ヴァイオリン』 (02) 『キリング・ミー・ソフトリー』(01) 『始皇帝暗殺』(98) 『花の影』(96) 『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』(93) 『人生は琴の弦のように』(91) 『子供たちの王様』(87) 『大閲兵』(86) 『黄色い大地』(84)ほか

受賞歴

2002年 『北京ヴァイオリン』でサン・セバスチャン国際映画祭にて監督賞を受賞。
1993年 『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』でニューヨーク映画批評家協会賞、米国映画批評会議賞、ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞で最優秀外国語映画賞を、第46回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した。

ダンテ・ラム
林 超賢
画像

1964年5月11日生まれ、香港出身。中国のアクション映画界を代表する映画監督、プロデューサー、脚本家、俳優。1998年に監督第2作『ビースト・コップス 野獣刑事』で第18回香港電影金像奨で最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞した。警察捜査と火器の使用にはもともと定評があったが、登場人物の心理的変化や葛藤といった描写にも重点を置くようになり、2008年に発表した『ビースト・ストーカー/証人』ではアクション映画の新機軸を見せつけた。ラム監督は『ビースト・ストーカー/証人』、『密告・者』(10)でニック・チョンとニコラス・ツェーを続けて起用し、チュンは『ビースト・ストーカー』で第28回香港電影金像奨など8つの最優秀主演男優賞を独占。また、ツェーは『密告・者』で第30回香港電影金像奨最優秀主演男優賞を受賞した。2作ともに興行収入、評価ともに好成績を収めた。

Filmography

『レスキュー』(20) 『オペレーション:レッド・シー』(18) 『オペレーション・メコン』(16) 『疾風スプリンター』(15) 『クリミナル・アフェア 魔警』(14) 『激戦 ハート・オブ・ファイト』(13) 『ブラッド・ウェポン』(12) 『コンシェンス/裏切りの炎』(10) 『密告・者』(10) 『ビースト・ストーカー 証人』(08) 『風雲決 ストームライダーズ』(06) 『ツインズ・エフェクト』(03) 『ティラミス』(02) 『スイート・ムーンライト』(99)ほか

画像
画像
画像
画像
画像

Cast

伍千里
ウー・ジン (呉京)
画像

1974年4月3日生まれ、北京出身。中国武術家、監督、俳優。武術指導、アクション監督であるユエン・ウーピンに見出され、『マスター・オブ・リアル・カンフー/大地無限2』(96)で映画デビューを果たす。その後出演した『SPL/狼よ静かに死ね』(05)の凶悪な暗殺者役で、香港のアクション映画界に名乗りを上げた。翌年の主演作『拳陣 FATAL CONTACT』(06)以降、香港映画界で存在感を増し、『ツインズ・ミッション』(07)、ポリスアクション『インビジブル・ターゲット』(07)と主演作が続く。2008年には、武術指導のニッキー・リーと共同監督した『狼牙-ライジング・フィスト-』で監督デビューも果たした。また、同年、『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)では殺し屋役でハリウッドデビューした。代表作は戦争アクション『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』(未15)と続編『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(17)。ウーは雑誌「フォーブス中国版」が発表した「中国有名人ランキング100」で2019年には1位、2020年に23位にランクインした。

Filmography

『我和我的父輩』(21) 『バトル・オブ・ザ・リバー 金剛川決戦』(20) 『クライマーズ』(19) 『祖宗十九代』(18) 『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(17) 『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』(16) 『ドラゴン×マッハ!』(15) 『ドラゴン・コップス 微笑捜査線』(13) 『新少林寺/SHAOLIN』(11) 『マーシャルシティー~超人大戦』(10)『カンフーサイボーグ』(09) 『狼牙ーライジング・フィストー』(08) 『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08) 『血戦 FATAL MOVE』(08) 『インビジブル・ターゲット』(07) 『ツインズ・ミッション』(07) 『拳陣 FATAL CONTACT』(06) 『SPL 狼よ静かに死ね』(05)ほか

受賞歴

2018年 『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』で第17回華表賞と第34回百花賞で最優秀主演男優賞、第23回華鼎賞で最優秀監督賞を受賞。また、2017年には同作で第14回広州学生映画祭で《最も人気のある俳優》《最も人気のある監督》に選ばれた。2017年には第4回シルクロード国際映画祭の最優秀作品賞と第5回中英映画祭で最優秀監督賞を受賞した。2015年 『ウルフ・オブ・ウォー ネイビー・シールズ傭兵部隊 vs PLA特殊部隊』で第22回北京大学生映画祭最優秀監督デビュー賞を受賞。

伍万里
イー・ヤンチェンシー (易 烊千璽)
画像

2000年11月28日生まれ、中国湖南省懐化市出身。俳優、歌手、ダンサーであり、TFBoysのメンバー。芸能界デビューは2005年。2009年にアイドルグループ「飛炫少年」に加入し、11年に脱退する。2013年にTFBoysのメンバーに加入。2020年、初主演作『少年の君』(19)で第39回香港電影金像奨最優秀新人賞を受賞し、雑誌「フォーブス中国版」の「中国有名人ランキング100」で1位に選ばれた。

Filmography

『少年の君』(19)ほか

受賞歴

2020年 『少年の君』で第39回香港電影金像奨、アジア・フィルム・アワード、百花賞で最優秀新人賞を受賞。広州学生映画祭で《最も人気のある俳優》に選ばれた。

談子為
ドアン・イーホン (段 奕宏)
画像

1973年5月生まれ、新疆ウイグル自治区出身。舞台を中心に活躍し、1999年にTVドラマ「刑警本色(原題)」で殺し屋を好演し注目を浴びる。映画デビュー作『二弟(原題)』(02)は第56回カンヌ国際映画祭に出品された。主演を務めた『迫り来る嵐』(17)は第30回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され、最優秀男優賞を獲得した。

梅生
チュー・ヤーウェン (朱 亜文)
画像

1984年4月生まれ、中国江蘇省塩城市出身。北京電影学院演技科卒業。2003年にドラマ「阳光雨季(原題)」で芸能界デビュー。2011年に初主演したドラマ「遠去的飛鷹(原題)」で国際エミー賞主演男優部門にノミネートされた。『見えない目撃者』(15)など数々の映画に出演。本作の正義感あふれる兵士役は彼の当たり役となり、 中国で最も人気のある新進俳優の1人である。

宋時輪
チャン・ハンユー (張 涵予)
画像

1964年12月生まれ,中国北京出身。主演作『戦場のレクイエム』(07)が中国で大ヒットし、第29回百花賞、第45回金馬奨で最優秀主演男優賞を受賞。14年にはツイ・ハーク監督作の『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』で第30回中国金鶏奨主演男優賞を受賞した。『オペレーション・メコン』(16)では批評家から絶賛され、同年に中国で公開された刑事映画で最高額の興行収入となった。ジョン・ウー監督『マンハント』(17)では福山雅治と共演し日本でも話題となった。

画像

Production Notes

名だたる映画製作人が集結し
生み出した一大叙事詩。

1950年11月27日に勃発した、現在の朝鮮民主主義人民共和国の咸鏡南道長津郡長津湖周辺で行われた朝鮮戦争の戦闘の一つである“長津湖の戦い”。仁川から朝鮮半島に上陸し、38度線を越えて中朝国境に迫っていたアメリカ軍を主体とする国連軍と中国人民志願軍が初めて激突した戦闘で、朝鮮戦争の中でも最も熾烈な戦いとして知られている。

この戦争史に残る長津湖の戦いを中国側の視点から描いた大作が『1950 鋼の第7中隊』だ。零下40度に達する極寒の厳しい状況での死闘は、これまで数多くの製作者が映画化を構想してきたが実現に至らなかった。当初から製作が困難を極めることが予想されたため、中国映画界の重鎮たちが集結し、共同で監督する手法が取られることになった。プロデューサーには『アイスマン 宇宙最速の戦士』(2018)『愛しの母国』(2019)などのホアン・チェンシン、監督にはチェン・カイコー、ツイ・ハーク、ダンテ・ラムの中国を代表する3人のヒットメーカーが名を連ねた。また、優秀なプロダクションチームがそれぞれの得意分野で能力を発揮しながら、一つの物語を作り上げた。 監督の役割分担では、朝鮮戦争の歴史への造詣が深いチェン・カイコーが史実に基づく全体的なストーリー部分を手掛け、マクロな視点からの歴史観や豊富な知識をもとに、登場人物の感情面の表現描写において手腕を発揮した。

2014年に戦争アクション映画『タイガー・マウンテン 雪原の死闘』が中国で大ヒットしたツイ・ハーク監督は、自信が得意とする特撮技術や、ヒット大作映画を数多く手掛けてきた豊富な経験をもとに、驚くような想像力で独自の美学を表現した。戦闘シーンは『オペレーション・メコン』(2016)、『オペレーション:レッド・シー』(2018)などのアクション分野で映画ファンから称賛の声を集めたダンテ・ラム監督が見事に再現し、観客に強烈かつ迫真のリアリズム溢れる刺激を体感させることに成功した。

ホアン・チェンシンプロデューサーによると、3人の監督は初顔合わせの日に、すぐに撮影方法について討論を始め、撮影スタッフや俳優たちも常に戦闘状態かのような緊張感を保ち続けていたという。「このような撮影現場の雰囲気はいままでなかった」と感嘆した。

中国を代表する実力派俳優たちが
全力で演じた
“愛すべきキャラクター”。

本作では多くの優れた俳優たちが素晴らしい演技をみせ、72年前の兵士たちの姿を再現した。ストーリーは第7中隊と周辺の部隊が中心となって展開する。第7連隊の精神的支柱である連隊長の伍千里を演じるのは『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』(2017)のウー・ジン。故郷の川辺で友人たちと遊ぶ腕白な少年から戦場の新兵へと姿を変える伍千里の弟、伍万里に扮するのは『少年の君』(2019)のイー・ヤンチェンシー。そのほかに、インテリの文学通の指導員・梅生にチュウ・ヤーウェン、小隊長で常に明るく前向きな戦士・余従戎にリー・チェン、退役間近の砲兵小隊長の雷睢生にフー・ジュン、第7中隊きっての凄腕スナイパーの平河にはエルビス・ハンが扮している。さらには、『マンハント』(2018)のチャン・ハンユーや『空海 -KU-KAI- 美しき王妃の謎』(2017)のホアン・シュアンなどの人気俳優も出演している。

ホアン・チェンシンプロデューサーは、「この作品の最もいい点は、どのキャラクターも血肉が通っていて、観客はいつしか登場人物が自分の知り合いかのように感情移入し、彼らと同じように笑い、悲しむ点だ」と語る。登場人物はそれぞれ性格が異なる。ある者は普段は優しい父親であり、ある者は両親を気遣う息子、またある者たちはお互いを気遣いあう兄弟であるが、ひとたび戦場に向かうと不屈の戦士となり、負けることを知らない鋼鉄の支柱となる。

厳しい戦いの中で生死を共にする第7中隊の兵士たちを演じた俳優たちは、ほぼ半年にもわたる長期間の撮影を行った。その間、実際に厳しい軍事訓練を受け、零下30度に達する冬を過ごした撮影チームは家族のような結束を深め、公私ともに団結したチームへと変貌した。主演のウー・ジンは、「実際に戦場で戦った先人たちに比べると僕らが経験した苦労はとるに足らないものだ。ただ僕たちにできたことは、登場人物を通して先人たちに敬意を表し、多くの人々に第7中隊の行動を伝えることだけだ。我々チームが撮影中に育んだ信頼は今後もずっと続くだろう」と語った。

入念な準備を経て遂に誕生した
中国映画史に残る
記録ずくめの超大作。

中国建国100周年を記念した作品として、本作は製作規模や投資規模、撮影期間、キャストの人数において中国映画史の記録を塗り替えた。5年に渡る脚本の推敲、2年以上の入念な準備期間、7万人を超えるエキストラの参加、大規模なセットや、軍装備、100kmを超える戦闘・戦術シーンのデザインワーク。これらのすべてが記録ずくめで、中国映画史に残る超大作映画となった。

脚本を手掛けたラン・シャオロンの初稿は13万字にものぼり、推敲を重ね、削ぎ落してもなお、最終稿で台詞が6万字に達した。またコロナ禍の影響を受け、製作準備期間が2年以上にも渡った。3名の監督はそれぞれの撮影チームを率い、俳優たち全員が各組の撮影期間に合わせてスケジュールを調整した。

準備期間に関わったスタッフの数は7000人以上、撮影に関わった人数は延べ1.2万人にも及んだ。撮影スタッフは“過酷な吹雪”や“とんでもない量の装備”“大規模な爆薬”の扱いなど、さまざまな試練に直面したが、今までにない撮影方法で克服し、映画史に残る記録的な戦争映画を誕生させた。

画像
画像
画像
画像
画像